社会福祉法人ちとせ交友会 麻布十番ちとせ保育園 東京都認可保育園(港区)

入園案内

入園案内

ちこちゃん
//PC

麻布十番ちとせ保育園

考えさせるを、
考える。

ちとせのこころ

考えて動き出すまで、
どんな時でも
同じ目線で考える。

園のこころ

教育は、人格形成に大きな影響を及ぼします。
私たちは、子ども自らに「考えさせる」保育をすることで、
積極性・自律性・思考性ある子どもを育てます。
簡単なことばかりではありませんし、時間もかかります。
壁を超えていく経験を
そっと見守る勇気も必要です。
でもその積み重ねが、
この先の人生を生き抜くチカラになるのです。

ちこちゃん

麻布十番ちとせ保育園の特徴

乳児期にどれだけ心地よい相対的なやり取りを行える相手と出会うか、それがその後の育ちに大きく影響するといわれています。「なにがしたいのかな?」「どうしたの?」ひとり一人のお子さんに寄り添いながらお子さんがイキイキ主体的に取り組める場面を保障していける遊びや園生活を大切にしていきたいと思います。子どもの困った、難しいな、できるかな……このような感情や場面も暖かい眼差しで見守り、発達や状況に応じた援助を行いながら「自分でできた!」を増やしていける保育に努めていきたいと思います。

保育について

ちこちゃん

考えさせる Episode.01

うくかな? しずむかな?
身の回りのもので試してみよう!

水の中に入れると、浮くものと沈むものがある。なんで違いがあるんだろう? どんなものが沈むんだろう?身の回りにあるものを集めて、実験してみたよ!

考えさせる Episode.02

新聞紙に、水をかけると
どうなるんだろう?

紙は水に弱い。当たり前の知識も、子どもにとっては未知のセカイ。新聞紙に水テッポウで水をかけたらどうなるかな?紙と水の性質について、楽しみながら体感しました。

考えさせる Episode.03

考えた通りに動くかな?
オリジナル知育玩具で遊ぼう!

自分が考えた通りにビー玉が転がすには、どうすればいいだろう。ちとせオリジナルの玩具をはじめとして、たくさんのレールと積み木を使ってビー玉を転がすコースを作りました。

考えさせる Episode.04

どうしたら、大きなシャボン玉が
できるだろう?かがくの実験だ!

必要なのは、水と石鹸とのり。小さくてすぐに割れてしまうシャボン玉も、どうすれば大きくできるんだろう?一人ひとりが考えて、楽しみながら最適な配分を探しました。

保育について

関わった人全ての人にとってのHomeとなりますように。

入園案内

園のこころ

policy

法人方針

Home

ここに集い
ここで育み
そして ここから はばたく
ちとせ交友会は
かかわるすべての人にとって
心安らぐ場所
Homeでありたい

考えて動き出すまで、
どんな時でも
同じ目線で考える。

この年頃の教育は将来の子どもたちにとって非常に大切です。「考えさせる」保育をされた子どもたちは「考える」ことで自ら答えを出す力強さが身に付き、自立性・思考性に長けた子どもへと成長します。壁を超えていく経験をそっと見守る。時間がかかります。勇気も必要です。でもそれこそが、この先のチカラになるのです。

  • 生き生きとし、
    元気に遊べる子

    毎日の生活のなかで、心身ともに子どもらしく、元気にふるまう子ども。心の面で生き生きとし毎日を過ごすことが、学校や社会で活躍したいという意欲を形成します。

  • 友達としっかり関わり、
    育ちあう子

    友達と会話をする。遊ぶ。相手の気持ちを尊重し、自分の気持ちを伝えながら周囲とコミュニケーションをとることは、社会性の形成につながります。

  • 自分で考え、
    行動する子

    考え行動する子になるためには、知性の面での成長が欠かせません。自ら思考し、「こうしたい」と意見を持つ子、信念を持って行動できる子を育みます。

さらに詳しい方針は
法人サイトへ

園長先生のメッセージ

田原 和

麻布十番ちとせ保育園は社会福祉法人ちとせ交友会が運営する認可保育園として2020年度4月に開園いたしました。

就学までにそれぞれの持つ芽(個性や可能性)をイキイキたくましく育みながら、実り(達成感・自己肯定感)をもって就学を迎えられれば……そのような思いで丁寧に保育を重ねていきたいと考えています。

また、麻布地区ならではの地域とのかかわりを持ちながら地域に愛される園創りにも努めて参りたいと考えています。

どうぞよろしくお願いいたします。

保育方針

policy

保育方針

麻布十番ちとせ保育園では、行き届いた安全な環境と、家庭的な温かい雰囲気の中で、ひとりひとりの子どもを大切に、健康で、明るく、思いやりのある、自律性を持った子どもの育成を目指します。保護者様との信頼関係の中、保護者様が安心して働き続けられるよう、職員全員が保育者としての自覚を持ち、ひとりひとりの子どもを大切にし、子どもの育つ姿を丁寧に見守りる保育を実施し、子育て支援をしてまいります。

考えさせる保育

考えさせる Episode.01

うくかな? しずむかな?
身の回りのもので試してみよう!

水の中に入れると、浮くものと沈むものがある。なんで違いがあるんだろう? どんなものが沈むんだろう?身の回りにあるものを集めて、実験してみたよ!

考えさせる Episode.02

新聞紙に、水をかけると
どうなるんだろう?

紙は水に弱い。当たり前の知識も、子どもにとっては未知のセカイ。新聞紙に水テッポウで水をかけたらどうなるかな?紙と水の性質について、楽しみながら体感しました。

考えさせる Episode.03

考えた通りに動くかな?
オリジナル知育玩具で遊ぼう!

自分が考えた通りにビー玉が転がすには、どうすればいいだろう。ちとせオリジナルの玩具をはじめとして、たくさんのレールと積み木を使ってビー玉を転がすコースを作りました。

考えさせる Episode.04

どうしたら、大きなシャボン玉が
できるだろう?かがくの実験だ!

必要なのは、水と石鹸とのり。小さくてすぐに割れてしまうシャボン玉も、どうすれば大きくできるんだろう?一人ひとりが考えて、楽しみながら最適な配分を探しました。

ちとせの基本保育

  • 物理的あそび

    物理的あそび

  • 集団あそび

    集団あそび

  • ビッグブックと読み書き

    ビッグブックと読み書き

  • 造形あそび

    造形あそび

  • 象徴あそび

    象徴あそび

  • 音楽あそび

    音楽あそび

  • 運動あそび

    運動あそび

  • 自然あそび

    自然あそび

さらに詳しい基本保育の詳細は
法人サイトへ

麻布十番ちとせ保育園の取り組み

・連絡アプリを用いての動画や画像の配信により園でのお子さんの様子を知っていただく機会を設けています。

・ドキュメンテーションを通じてお子さんの成長や発達段階、活動のねらいを知っていただくよう発信しています。

・園庭はありませんが園舎周りのスペースを利用して自然や外気に触れる機会を頻繁に設けています。また、月2回行うリトミックや遊具での運動遊びで体を満足して動かす遊びを工夫しています。

保育について

乳児期にどれだけ心地よい相対的なやり取りを行える相手と出会うか、それがその後の育ちに大きく影響するといわれています。「なにがしたいのかな?」「どうしたの?」ひとり一人のお子さんに寄り添いながらお子さんがイキイキ主体的に取り組める場面を保障していける遊びや園生活を大切にしていきたいと思います。

子どもの困った、難しいな、できるかな……このような感情や場面も暖かい眼差しで見守り、発達や状況に応じた援助を行いながら「自分でできた!」を増やしていける保育に努めていきたいと思います。

教室

地域との係りについて

今後、地域のお祭りに参加させていただいたり、季節の行事を通して近隣の方と関わる機会を多く持っていきたいと考えています。

行事について

季節感や日本文化や風習を感じられる経験を年齢なりに楽しめるよう計画して行います。

保護者やご家族の方に園を知っていただくような、保護者同士の交流を深めながら子育て支援を行えるような行事も年間計画の中に盛り込んで行っています。

また、毎月行うお誕生会ではお祝いされる嬉しさを年齢なりに感じながら会でのお楽しみを見たり歌をお友だちと歌ったりすることを喜んでいます。

食育について

食べる楽しみを感じながら意欲的にバランスよく食べる姿を目指しながら、年齢に応じた食事援助を行っています。食への関心を高めていけるよう年齢に応じて食材に触れる経験も年間を通して計画しています。

先日の七草がゆのおやつの日も七草を目で見て、触れて、香りを感じ……興味を持っておいしく食べる姿が見られました。

給食

施設について

教室の入り口

木のぬくもりを感じられるような温かい雰囲気の2階建ての建物となります。天井も高く開放感もいっぱいです。各クラスカラーのトンネル(扉)をくぐるとクラスの保育室につながり、子どもたちの遊びたくなる空間が広がっています。

また、幼児の保育室はパーテーションで仕切られているので、行事やリトミック、運動遊びなどの際は広いホールとして使用することもできます。

年間行事

4月 入園式・春の遠足
5月 こどもの日の集い・保育参
6月 プール開き・内科検診・歯科検診
7月 七夕・夏祭り・プール
8月 プール
9月 お月見
10月 運動会・秋の遠足
11月 保育参観・内科検診
12月 おもちつき・クリスマス会
1月 お正月遊び
2月 節分・お別れ遠足・生活発表会
3月 ひなまつり・お別れ会・卒園式

概要・アクセス

about

園概要

施設名 麻布十番ちとせ保育園
住所 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-2
電話番号 03-3586-1058
FAX番号 03-3586-1059
理事長 山口 哲史
開設年月日 2020年(令和2年)4月1日
事業内容 認可保育園の経営、地域子育て支援拠点事業
経営主体 社会福祉法人 ちとせ交友会
姉妹園・関連施設 施設一覧ページへ

保育概要

定員 27名(0歳-6名、1歳児-10名、2歳児-11名)
※2021年度は3歳児11名の受け入れを行い定員38名となる
保育対象年齢 生後57日目から就学前のお子様
開園時間 7:15~20:15
保育標準時間 7:15~18:15
保育短時間 9:00~17:00
延長保育 18:15~20:15
夕食・補食 補食提供 有(1時間利用)
夕食提供 有(2時間利用)
一時保育 無し
開園日 月曜日〜土曜日
休園日 日曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
利用料金 保護者の課税状況に応じて、条例に定められた保育料を港区に納入していただきます。
延長保育料は園の規定により利用料金を実費徴収させていただきます。

アクセス

住所 〒106-0045 東京都港区麻布十番1-3-2
アクセス 都営大江戸線「麻布十番駅」下車 徒歩3分
南北線「麻布十番駅」下車徒歩5分

よくある質問

faq

活動報告

article

園の活動報告です(記事はちとせ交友会本サイトへリンクします)

入園案内/お問い合わせ

contact

ご案内

入園・ご見学希望の方は下記の連絡先よりお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ03-3586-1058